フケカツ!〜フケの対策活動〜

体験談のまとめサイトです。

フレイ法律事務所

 

当サイトはフケで悩んだ方々の体験談集です。

 

あなたの問題解決のお役に立てると、とても嬉しいです。

 

生活、洗髪、食事、睡眠、ストレス、喫煙など・・・フケは頭皮環境や健康問題と密接なつながりがあります。

 

「自分の中で何が原因だろう」という事を意識しながら読んでいただくと、取り組むべき課題が見えてきます。

 

「フケカツ!」はそこからですよ!

 

 

30代女性のフケカツ!

女性

フケについて気になりだしたのは高校生の頃からでした。それまでは一度もフケなど気にしたこともなく、実際にフケが出たこともありませんでした。
ブレザーに何か白い粉のようなものが落ちているのに気づき「何だろう?」と思ったらフケでした。私の場合は季節にも関係があるようで、夏は全くフケが出ないのに冬になり乾燥する時期になると、フケが出てくるのです。

 

私は勝手に「きっと頭皮も脱皮していて、春に向けて生まれ変わっているんだ」と思い込んでいましたが違うんだと思います。

 

なぜなら今はフケが全く出ないからです。フケが出ることで一番イヤなのはやっぱり色の濃い服を着ている時の肩から肩甲骨あたりにかけてフケの白いのがつくことです。

 

積もるほど大量に出ることはありませんでしたが色の濃い服はやっぱり目立ちます。それから髪がロングでしたので、よく髪をとかしたり縛るために触ったり授業中や仕事中にもふとしたときに髪を触って、そのたびにフケが出てしまうことです。女性ならわかっていただけると思うのですが、髪の毛って意味もなく触ってしまうんですよね。それでハラハラとフケが落ちて「あっ」ってなるのがつらかったです。

 

 

私はまず「フケの原因はシャンプーなどのすすぎ残し」と聞いたのでとにかくシャンプー、リンスを少しも頭皮に残さないように丁寧にすすぎました。また単純ですが普段髪を触らないようにして、精神的な問題もあると思ったので「気にしない」を心がけました。(もちろんフケが出てないかのチェックはしますが。)どんな対策が良かったのかはわかりませんが、いつの間にか出なくなっていました。精神的な面もかなり大きいと思うので、睡眠をしっかりとってストレスケアをすることも大切な気がします。

 

 

30代男性のフケカツ!

会社員

私は普段から肌が乾燥しやすく、冬になると大量のフケが出るようになります。
ちょっと髪を触っただけで、粉のような細かいフケが雪のように出てきます。気付いたら髪に付着していることもあり、食事時などには相手に不快を与えてしまいますので、すごく悩んでいました。そんな時、ちょうど薬局に販売されていたフケ治療専用のシャンプーを見かけたので購入して試してみました。しかし、いつもと特に変わりなくフケが出てきます。
せっかく買ったシャンプーを捨てるのはもったいないので、いつもより多めに使って早く消費してしまおうと考えました。それから数日が経った頃に、フケがあまり出ないことに気づきました。
最初は体の調子がいいのかなと思い込み、特に気にもせず過ごしていました。そしてシャンプーが無くなる頃に、フケが出てきてようやく気付きました。今までシャンプーの使用量が少なくて、フケが出るようになっていたのです。普段からシャンプーを節約して使っていた為に、フケの問題に悩まされるとは思ってもいませんでした。あれから、フケ治療専用のシャンプーをしっかりと適量使うようにすることで、フケをある程度抑えることができています。

 

 

20代女性のフケカツ!

女性

私が最初にフケが気になりだしたのは、中学生の頃でした。中学の制服の襟が紺色だった為、フケが目立ちやすく、それで気にしだしました。
何もしなくてもフケが落ちるほどには酷くなかったのですが、頭皮にかゆみを感じて掻いたりすると、フケが落ちることが多かったように思います。
一番フケが出やすかったのは、項の辺りや、おでこの髪の生え際でした。これに対して対策としては、まず、頭皮の乾燥を疑ったので、これまで私は熱めのお湯で髪を洗うことが多かったので、湯をぬるくして洗うようにしました。

 

また、私は爪がもともと長めで、爪の先でシャンプーを泡立てているような状態だったので、それを止めて、シャンプーがたとえあまり泡立たなくとも、指の腹で直接地肌をマッサージするように洗うよう心がけました。

 

結果として、フケはだいぶ気にならなくなりましたが、現在でも冬などの乾燥する時期になるとまだ気になることがありますので、そういう時にはシャンプーを変えたりしています。

 

特にこのメーカーと決めているわけではないのですが、ラックスやパンテーンを買うことが多いです。髪質ケア出来るものは地肌ケアも出来るかなと思ってそれを使っています。このように色々と対策することで、現在ではだいぶ改善されたと思います。激しく掻いたりしなければ、フケが落ちることは無くなってきました。

 

シャンプーって凄く大事ですよ。

フケ子

 

フケは生活習慣や食事、皮膚病などと良く関わっていますが、かなりの割合を占めているのがシャンプー起因のものです。
シャンプーを変えたらフケが出なくなったというのも良くある話なのです。

 

ついつい「安いから」、「お母さんが買ってきたから」といって適当にシャンプーを決めていませんか?

 

フケの原因について調べ、シャンプーをしっかり選ぶことが大切ですよ!

 

あなたのフケカツ!が上手く行きますように。

 

40代女性のフケカツ!

 

主婦

もともと、頭皮が乾燥しやすい体質なのか若い頃から、ずっとフケに悩まされています。

 

なぜなら、私がフケに悩まされているときに限って、父親もフケが出ていることが多いのです。

 

遺伝的な要素も影響しているかもしれません。

 

はじめは、おでこのあたりに小さなフケが出てきて、細かいフケがスタイリングしたり、髪を乾かしたときに洋服に付着することで気が付くことが多いのですが、そのうちに大きめのフケが落ちてくるようになります。

 

昔は特に対策もしておらず、フケが出ると、なるべく、黒系の服は観光総裁の時以外には着ないように心掛けていました。

 

何もしなくても、一か月ほどするとフケがおさまることが多かったからです。でも、加齢とともに年中、フケを感じるようになったのでシャンプーを頭皮にやさしいアミノ酸系のものに変えました。

 

すると、使い続けて2週間ほどでフケが出てこなくなりました。鏡で頭皮を見てみると乾燥しているというよりは、保湿されている感じです。

 

シリコン系のシャンプーが私の頭皮に強すぎたのかもしれません。私のフケが治ったので、父親もシャンプーをアミノ酸系に変えたところ症状がおさまりました。

 

 

40代男性のフケカツ!

 

男

私は工場に勤めており、帽子やヘルメットなど頭を守る物をかぶっている事が非常に多く、エアコンがついていても頭が蒸れる事も多く、無意識に頭をかいてしまうのですが、紺色の作業服なので肩付近にはフケが目立っています。私はもともと乾燥した冬場などにはフケが出やすい体質なのですが、エアコンで乾燥気味になり、夏でもフケが出やすいです。肩くらいまでなら首を傾ければフケの確認ができるのですが、背中側だとどのくらい今フケが積もっているのかよくわからないので、人が見てない所やトイレなどで払うようにしております。

 

 

 

家で頭を洗う際には家族で共有して使っているツバキやバンテーンで丁寧によく洗っているのですがフケの出方が変わらず、一度フケを抑えるシャンプーを使い試した事があるのですが頭皮がかゆくなってしまい、フケの量もそこまで減少していなかったようなので市販のシャンプーに戻して使っております。

 

 

 

フケが出ていること自体は自分でも少し気持ちが悪くて出来れば症状をもう少し抑えたいのですが、これと言ってその他のトラブルが無いため現在に至っておりますがフケは他人から見ると不衛生に見える事が悩みです。